命の期限
今日は、命と真剣に向き合ったこの2日間のことを書きます。
少し長くなってしまいますが、お付き合い下さい。

事の始まりは15日水曜日の夕方、ある集まりに徒歩で出かけた長男がちょっと年老いた雑種の迷い犬をなでなでした事に始まります。
あまりに人懐こく側を離れないワンちゃんに困った長男は、約束の時間もあるので近くにあった交番へ相談したのだそうです。
遺失物として預かってもらうことになり、先を急ぐので書類への記入は明日の朝に出向く約束をして集まりの場所へ向かったそうです。

その話を長男からの電話で聞いた時、そんなに人懐こく無駄吠えもしないワンちゃんなら可愛がられて育っただろうから、きっと飼い主さんが捜索願を出すに違いないので交番にいれば大丈夫・・・そう思いました。
ところが、次の日の16日木曜日に書類の記入のために息子達が交番へ行ってみると、ワンちゃんは既に管轄の警察署へ移されていて、なんと次の日には保健所へ送られるとの事。

保健所=殺処分・・・私達の頭をよぎりました。

このまま見殺しにしてもいいのか…
でも、同情心の軽い気持ちで預かってもいいのか…
直ぐに来るであろう老犬介護を覚悟で預かれるのか…
でも、このままでいい訳がない…
それこそ色んなことを家族で話し合いました。

結果、とにかく今私達にできる事をしよう!と言う結論になり、警察署でワンちゃんの写真を撮らせてもらい「飼い主さんを探しています。」のポスターを作って、ワンちゃんを見つけた周辺のお宅や動物病院などを尋ねて歩きました。
同時に動物愛護センターや動物愛護団体など思い当たる所へ、こういう時にどうしたらいいかを電話で相談もしました。
しかしどれも思った答えが返ってきませんでしたし、それどころかもっと辛い現実を知らされました。

17日の金曜日になって保健所へ何とかならないかと電話を入れてみたところ、通常ワンちゃんの保護期間は3日間だけれど、今週末は3日間の連休が入っていて連休中は業務が休みのため、ワンちゃんを引き出す手続きが出来るのは今日の午後5時30分までだと言うのです。

もうなんだかんだ考えている時間はありません。
とにかくワンちゃんを引き出して保護してあげなければ!!
その後の事はそれから考えればいい!!
お昼に帰ってくる主人の同意を得て、引き出しに行こう!!

息子ふたりとそういう結論になった正にその時です。
息子の携帯に保健所から電話が・・・

「飼い主さんらしき人から、警察署の方へ連絡が入ったようです。」

「え! ホント?! あぁーー良かった〜〜〜!!!!!」

三人でホッとして、そして涙が出るほど嬉しかった。。。

夕方、ちゃんと引取られたかの確認の電話を入れたところ「飼い主さんが来て無事連れて帰りましたよ。」とのことでした。
ただ、個人情報保護からどこに住んでいるどんな方なのかは、まったく教えてもらえませんでした。

ワンちゃん、あなたはどこからこんな所まで来たの??



今回三男が尋ねた動物病院の方々には真剣に話を聞いていただいて、快くポスターを貼っていただきました。
飼い主さんが見つかって無事帰りましたと三男が電話をした所、「それは良かったね〜 本当に良かった。」そう言って頂きました。
本当に、ありがとうございました。
また、温かな心に触れる事が出来ました。。。

ただ一方で、何とかして助けたいと思う私達の気持ちに答えてくれる機関が、ここ宇都宮にはありませんでした。
もうほんの少し手を差し伸べてくれる機関があったら、助かった命もあったでしょうに・・・

その為に私達はどんな事が出来るでしょうか。。。

命に期限があってはならないと、真剣に考えた2日間でした。
coco's mom | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) |
変わりに・・・
ココがわが家から去った次の日、わが家に “いぬ” がやってきました。
 “いぬ” と言ってもワンコではなく戌年の次男です^^;

東京で会社員をしている次男ですが、住んでいるアパートの上の階に新しく入居してきた住人の物音がひどく、一睡も出来ない夜が続いて参ってしまったのだそうです。
仕事がとても忙しい今、夜も眠れないのは耐えられないので、新しい部屋が見つかるまで実家から通勤させて欲しいと、急に帰ってきました。

「そう言う訳なら、部屋もあることだしいいよ。」と…
そんな訳で次男は、宇都宮から東京の青山まで1時間30分かけて新幹線通勤する事になりました。

・・・と言う事で、今日は “犬” が去って “戌” がやってきたお話でした。

しかし、タイミングが良すぎますよね〜
そして、果たしていつまでいるのでしょう。。。^^;
coco's mom | 日常 | comments(4) | trackbacks(0) |
風のように。。。

今日はわが家で産まれた初めての仔達、I胎の2才のお誕生日です。
イッシュ、イレーネ、リン、ラン、イエル、いろは、イーヴェル。。。
お誕生日おめでとう!!

あれから2年の月日が経ったんですね。
手のひらに乗るくらいの小ささだったあなた達が、今ではココ母さんよりも大きく立派になりましたね。

進んだ道はそれぞれだけれども、どの仔も幸せに暮らしている事でしょう。
これからもみんな元気で、幸せでいてね☆

2年前の今日のI胎とココ  委託間近のI胎



そして、今日はココが協会へ帰る日でもありました。
午前中に送り届ける約束でしたので「そろそろ行こうか」と話をしていたその時、お届けものが…
箱に入った素敵な蘭のお花です。
送り主のお名前を見ると、なんとココのママ犬ドルチェママのBWさんからではありませんか!!
ビックリしました。
後ちょっとタイミングがずれていたら、ココと私達は出掛けてしまう所でした。
きっとドルチェママとBWさんのお気持ちが、間に合わせてくれたのでしょう。
ドルチェママのBWさん、本当にありがとうございましたm(__)m
ココはちゃんとお花のにおいを嗅いでいましたよ。

ドルチェママのBWさん、本当にありがとうございました!!

しばしお花の観賞をしてから協会へ・・・
協会へ着いて、職員さんから一通りの引継ぎ事項の聞き取りがあり、その後子供達の事をお聞きしたりして、いよいよお別れの時です。
「では、まずココを犬舎に連れて行きますね。」と職員さん。
ココは後ろひとつ振り返る事もなく、職員さんに連れられて尻尾フリフリ犬舎に消えていきました。
パピー達の入学の時と同じでしたね^^;
ただパピーの入学の時は式があり、感謝状を頂いたり、記念写真を撮ったり、そんな事で感動のお別れになりますが、何一つないお別れでした。
そんなものかしらと予想はしていましたが、ちょっと淋しい最後でした。
そんなあっさりとしたお別れも、ココらしくて反対に笑ってしまいました。


今日までココを愛して応援くださった皆さん、本当にありがとうございましたm(__)m
ココは皆さんから頂いた温かい想いをリュックに詰めて、わが家から旅立ちました。
これからは、きっと家庭犬生活を満喫してくれる事でしょう。

ココはわが家からいなくなりましたが、これからも子供達の成長をこのブログに綴っていけたらと思っています。
たまの更新になってしまうかもしれませんが、たまに覗いて下さったら嬉しいです(^^)



最後にココへ…                

ありがとう、ココちゃん。。。
元気で、長生きするんだよ。。。

バイバイ。。。

わが家からの旅立ちです。しかし相変わらず渋い顔ですね^^;
最後はココらしい渋い顔でわが家とお別れです。。。

coco's mom | ココの日常 | comments(6) | trackbacks(0) |
ココへ。。。
いよいよ明日、あなたは協会へ帰りますね。

あなたとのこの2年4ヶ月は、とっても楽しい日々でしたよ。

思い返せば、あなたはわが家へ来たその日から、もう何年も前からわが家にいたようにすぐに馴染んでくれましたね。
ただ、ワンツーではちょっと手こずらされましたけどね^^;

あの日から2年と4ヶ月、あなたは私達に沢山の幸せを与えてくれました。
可愛いいい仔を18頭も産んでくれて、沢山の素敵な方々との出会いを運んでくれて、そして何よりあなたと共に生活できた事…
幸せでしたよ。

あなたには何の思い出もあげられなかったかも知れないけれど、でもね、あなたは盲導犬の繁殖犬、そして私達は繁殖犬ボランティアでした。
この2年4ヶ月の間、そのお仕事はお互いに立派に果たしましたよね。
そして送り出した子供達の中から、もうすぐ2頭の盲導犬が誕生しますよ。
胸を張ってこれからの犬生生きてくださいね。
私達も次へ向かって歩き出しますから!!

あなたは私の誕生日の日に風のようにわが家へやって来て、初めての子供達の誕生日の日に風のように去っていきますね。
その間も風のように駆け抜けましたね。
それも、あなたらしいのかもしれません。

明日はお互いの未来に向けての第一歩ですね。
だから、明日は笑顔でさよならしようね。
この先あなたの記憶のほんの片隅に私達のことがあったら、それだけで充分だからね。
家庭犬生活、うんとエンジョイするんだよ(^^)

いつもの指定席



そして今日は、I胎イエルのPWさんとお嬢さんがココとの最後のお別れに来てくださいました。
イエルのPWさんとお嬢さんには、ココの出産のお手伝いから子供達のお世話まで、ほんとーにお世話になりました!!
ココは大好きなイエルPWさんとお嬢さんの事、ずーっと忘れない事でしょう。
ありがとうございましたm(__)m

イエルのPWさんからいただいたお花です。ありがとうございましたm(__)m  皆さんからのココと私達への温かなお気持ち、心から感謝しています。ありがとうございましたm(__)m
coco's mom | ココの日常 | comments(4) | trackbacks(0) |
久しぶりの雨
今日は台風の影響で、ほんとーに久しぶりの雨になりましたね。
例年連日のように雷雨になるここ宇都宮の夏も、今年はお盆の頃の雷雨の後ほとんど降りませんでしたね。
雨も降って過しやすい一日でしたが、本格的な秋の訪れはもう少し先でしょうか。
待ち遠しいですね。

そんな今日、またまたまた嬉しいお客様に来て頂きましたよ。
まず、協会で訓練を受けているP胎パーナのPWさんご家族が来て下さいました。
ココもちゃんと覚えていて、すごい歓迎でしたよ。
パパさんとお嬢さんに遊んでもらって、とっても嬉しそうでした。
ココの事、パーナの事、色んなことたくさんお話をして、とっても楽しい時間を過しました。

そしてパーナのPWさんが帰られて直ぐ、ココと異母姉弟のホクト君のPWさんご夫妻が来て下さいました。
しかしココは、本当にみなさんの事を良く覚えていますね。
事務所の網戸にぶつかりながらも急いでご挨拶に出て行きました。
こういう時は嫌いな雨が降っていても、地面が濡れていても、夢中で出でくるんですね^^;
ホクト君のPWさんとも本当に色んなことおしゃべりさせて頂いて、幸せな時間を過しました。

パーナのPWさん、ホクト君のPWさん、今日は本当にありがとうございました。
ココはきっとみなさんの事、ずーっと忘れないことでしょう。
今日の思い出も、ココのリュックへ詰め込みましたよ。

ココちゃん、今日も良かったね☆ 幸せだね☆
coco's mom | ココの日常 | comments(4) | trackbacks(0) |
<< / 2/67PAGES / >>